ADMIN TITLE LIST
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いよいよ、2008

小山さま追っかけ隊のがちゃ子 始動デス (笑)

2008年1月からフィリアホールでスタートする

ミチエビッチ 小山実稚恵の 「作曲家の想い」 シリーズ

2年に1度のペースで計6回 

最終回はなんと2018年! (パンフより)

行ければ、全シリーズ行きたいけれども・・・

本日はその第1回目

 「ラフマニノフ」 でございました



小山さんのインタビューはこちら♪



 


小山実稚恵 「ラフマニノフの想い」

前奏曲集より

Op.3-2 嬰ハ短調
Op.32-12 嬰ト短調
Op.32-3 ホ長調
Op.23-6 変ホ長調
Op.23-5 ト短調
Op.23-4 ニ長調
Op.32-5 ト長調
Op.32-8 イ短調
Op.32-10 ロ短調
Op.23-2 変ロ長調


**休憩**


練習曲集 「音の絵」 より

Op.33-2 ハ長調
Op.33-7 変ホ長調
Op.33-8 ト短調
Op.39-5 変ホ短調
Op.39-2 イ短調
Op.39-6 イ短調

ピアノ・ソナタ第2番 (改訂版)




**Encore**

スクリャービンから
練習曲Op.2-1
練習曲Op.8-12
左手のためのノクターン9-2



2008-1-19(土) フィリアホール 





こちらのホール、初めて行ったのだけど

青葉台駅前の東急スクエア内5階にあるので

寒い日でも安心 

(先日の一宮とは雲泥の差・・・爆!)

そして500席という

とってもこじんまりしたホールなので

ピアノリサイタルには、Very Niceなのだ


img039_1_r1.jpg
当日のパンフ (3つ折になってマス)



本日の小山さん 濃いブルーのノースリなドレス 

下はマーメイドっぽく少し広がっていて

お靴はいつものゴールドなパンプス

(いつもストーカーのように、足元まで凝視 ^^;)


コヤマスキー 小山さんにとってラフマニノフとは

それこそ最愛の作曲家のようだし

このシリーズで 「ラフマニノフ」 を

一発目にもってきたあたりでも

それが猛烈に理解できる



前半の前奏曲

こんなにいっきにラフ様の前奏曲を聞いた事がなかった私

やっぱり熱いーーー 

1曲目から 3-2 「鐘」 ですよ!?

冒頭から悩殺されまくりのわたくし、、、

後半まで体が持ちません!

何だかあっという間の前半であんまり記憶ナイ!

なんて言っちゃ~

申し訳ないのだけど・・・(滝汗



後半の 「音の絵」 そして私の愛する 「ソナタ 2番」 

今日、パンフを読んでいて初めて気が付いたのだけど(^^;

小山さん曰く

 「1931/改訂版」 の「ソナタ 2番」って

小山さん的に見ると

あまりに贅肉を落とした簡略的な部分もあるから

実際の演奏は、和音なども加え

響きを豊かにして演奏するのだそう。

いわば 「ミチエビッチ版」 という・・・

以前オーチャードで聴いた時も

私が知ってる改訂版とちょっと違うなー

と、漠然と思ってたのだけど。

そういう事だったのねー。

これだから素人は幸せ (滝汗


それはそうと、わたくし 「音の絵」 は本当に大好き♪

Op39-5なんて、めっさロシアの大地~って感じで

小山さんもノッてたし

本当にプログラムに入ってて良かったな!

ただ、Op33-5がぁぁぁ・・・

いつかどこかで聴かせて下さい、小山さま・・・

そしてソナタ2番

オーチャードで聴いた時より、抑え気味な感じ^^

会場が小さいためでしょうか~

小山さんって

それこそ大きめな会場で (オーチャードのように)

思いっきりエンジン全開!!的な時も好きです

やっぱり2楽章・・・胸打たれちゃったし。

そして休みなく、華やかなフィナーレ

すんごくパワフルで圧巻でした。

会場からもブラボー!(私は心でブラボーさ)

沢山の熱い拍手に何度も小山さんは応え

はにかみ笑顔^^

いや~ホントに好き





そして、今回のアンコールがまさに凄かったのだ!

椅子に着席した小山さんが会場に向って一言

今回の作曲家シリーズで

私の大好きなロシアのもう一人の作曲家

スクリャービンを入れられなかったので

アンコールで弾かせて頂きます



そしてエチュードOp2-1 

まさか今日、ここでスクリャービンが聴けるとはさー!

全くの予想外!

以前、ココ でも書いたのだけど

エチュードOp8-12・・・

是非小山さんの演奏を生で聴くのが夢だったのだけど

2曲目を弾かれる前に小山さん自ら・・・

それでは、エチュードOp8-12を!!!

うわわわわ~~~ 思わず 「ウッソー!!」

声に出ちゃったさ(^^;

最高にカッコ良かったデス。ホント幸せでした。

そしてアンコールラストは、小山さんお得意の

「左手のためのノクターン Op9-2」

本日のアンコールは

まさにアンコールという名の第3幕!!!




サイン会は長蛇の列!
img040_1.jpg
今宵は勿論、ラフマニノフ 「音の絵」 のジャケに



小山さま・・・今年もいっぱい期待しておりますです!





ランキング低迷中(^^;
応援して頂けますと、軽く小躍り気味の私になります!

にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ: クラシック - ジャンル: 音楽





おっかけ隊、私も始動でございます。
いや~、惚れ直しましたね。素晴らしいラフでした。なんで、あんなふうに弾けるんだ???
しかも、スクリャービンまで・・・感涙!やっぱり今年もついてゆくわ。
【2008/01/20 01:56】 URL | のりりん5700 #YLCoAyKY[ 編集]

  なんて贅沢なプログラム!!
3-2が最初だなんて、私も最初で気絶しそう・・・
左手、は、オハコですよね。。。
 楽譜にない音を足して弾くのは、ファリャの火祭りの踊りもそうなさっている、とサイン会でご本人にお伺いしたことがあります。
【2008/01/20 18:19】 URL | 柚 #7iziHRQY[ 編集]

こんばんは!
フィリア、いらしたのですね~!

500名のホールでは実稚恵さんのダイナミックな演奏は、抑え目だったのですね。。。
ですが、そういうホールでの演奏会、なんて贅沢~

今、ラフマニノフを一番素敵に弾くのは世界中探しても実稚恵さんですね~!

私は今年の初実稚恵さん、23日の紀尾井からです~
紀尾井のメンバーとの「鱒」
かなり楽しみにしています。
また感想など書きますので、読んでね~
【2008/01/20 22:28】 URL | nefertiti #fBcXOTgs[ 編集]

こんばんは。

なんて贅沢なプログラム!
うらやましいです~。
青葉台といえば、独身時代に勤務先に行くのによく利用した駅です。あそこの東急にホールがあるんですねえ。

横浜にまだ住んでたら、もっとたくさんコンサートに行けたのになあ。(でもそうしたら、小山さんのファンではなかったかもしれないけど・・・。)

今年もがちゃ子さんのレポートを楽しみにしてます♪
【2008/01/20 23:11】 URL | MintPearl #VkJT2l8w[ 編集]

>>のりりんさん

何たる奇遇(笑) 一緒に始動しちゃったワケですね!
今年も追っかけ隊メンバーとして(笑) 宜しくどうぞデス。
ラフもすんごかったワケですけど、スクリャービン・・・。
やっぱり、ロシアの大地、ミチエビッチさまでした!


>>柚さん

そうそう、冒頭から柚さん愛するOp3-2だったんですけども
小山さんって、プログラムの組み方も、聴衆の心を掴みますよね!!昨日はそんな事も再確認致しました。ファリャ・・・まだ一度も小山さんのピアノで聴いた事ないんですよねー。CDジャケの黒い背景に赤い薔薇・・・かっこいいわ~。早く小山さんにスペインへ連れて行って頂きたいです。


>>nefertitiさん

ジョンとの再会から落ち着きましたでしょうか(笑)
紀尾井はわたくしは行けませんので、勿論楽しみにさせて頂きます♪♪
小山さんはミチエビッチなんです!
きっとウォッカを一気飲みされてますね(笑)


>>MintPearlさん

なるほど~♪パールさんってこちら出身なんでしょうか~!?
私も昔、「あざみ野」に通ってました^^藤が丘には親友も住んでますから、ちょっと懐かしかったかな~♪ アーティストとの出会いって、縁でもありますよね。その時の自分の体調や心の状態も関係あると思ったり。パールさんの次回は、例のリサイタルですよね^^ またこちらも楽しみにしておりますよ!
【2008/01/21 00:52】 URL | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]

がちゃ子さん、小山さま2008♪、始まりましたね~♪

最初から感涙ものだったようで、ミチエワールドにはまりこみですね(^^)v

私、この日に約束した(と思ってた)人にすっぽかされ、無為徒労の時間を過ごしてしまいました(TT)
あー、つくづくがちゃ子さんとご一緒すればよかったと、がっかり。。
でも、がちゃ子さんの記事から、小山さまの素晴らしい演奏が伝わってくるようですワ♪
がちゃ子さん、ありがとうデス♪
次回は逃しませんゾ!!
【2008/01/21 14:57】 URL | みぽぽ #-[ 編集]

小山さん、「作曲家の想い」シリーズの第一回にラフマニノフを選ぶなんてよほどこの作曲家がお好きなんですね。インタビューを興味深く読みました。
「プレリュード・マーチ」の中間部が小山さんには「夏の思い出」に聴こえるのか~とか、私も大好きなOp.23-6は小山さんにとっても「胸キュン!」なんだな~とか。^ ^

ピアノソナタ第2番は改訂版に対してホロヴィッツが「削り過ぎて聴かせどころが少なくなった」と文句をつけたのですが、作曲者もそれに同意しつつも再改訂をすることなく亡くなってしまいました。そのためホロヴィッツは初版と改訂版を折衷した独自の版で弾いていました。後に続くピアニストもこのやり方を踏襲することが多いようです。小山さんもそれに倣ったのでしょうね。

Op.33-5は私も大好きな曲です。この曲は「音の絵」の中でも特に優れた曲なのですが、どういうわけかラフマニノフは出版前に自ら曲集から削除しているんですよね。このあたり謎めいていて、彼のどんな想いが詰まっているのだろうか、と想像しながら聴くのも楽しいですね。
【2008/01/21 18:52】 URL | sergei #EkHfBCxw[ 編集]

がちゃ子さん、今年のクラシックコンサート第2弾、
ついに「小山実稚恵さん」の始動開始ですね。

へぇ~ラフマニノフのソナタ2番は、小山さんのアレンジが入っているんですね。
まるで、「のだめ」が弾く、ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」みたいだわ。

私も今年3月末に、小山さんのラフマニノフを聴きに行きます。楽しみです♪
【2008/01/22 01:15】 URL | にゃお10 #U5tmoV7I[ 編集]

>>みぽぽさん

えーーーっ すっぽかされたと!?
それはガックリですよ!?
うぅ・・・お詫びのしるしに何か美味しい物でもご馳走してもらって下さいっ♪
きっと今年はあちらこちらでご一緒出来るかもですね^^
その時はステキなお話、いっぱい聞かせて下さいv-351


>>sergeiさん 

貴重なお話、有難うございますっ!!
なるほど~~ソナタ2番はホロヴィッツ様がそんな事をご本人に♪
小山さんの改訂版って、大分色づけされてる気がしました^^
音の絵 「Op33-5」 良いですよねーー!何故に今回、小山さまは演奏されなかったのだろう。それもsergeiさんのお話のように、ラフ様自身が削除られた事も関係あったりして・・・。もしかしてアンコールで・・・なんて期待もありましたが、またの機会に持ち越し決定v-350


>>にゃおさん

はい^^ のりりん師匠と共に(勝手に師匠よばわり^^;) いよいよスタートです。
そちらでの3月・・・ショパンのバラード1&4もありますねぇ~~~♪
私も行きたいなーーー。でも今回ばかりは無理だぁぁーv-349
PS・・・にゃおさんの所で現在書き込みをしようとすると
「アクセスが集中してるため・・・」という画面になって、書き込み出来ない状況です。なので、遅れてしまいゴメンナサイ。
【2008/01/22 22:22】 URL | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]

















管理者にだけ表示を許可する



小山実稚恵さんが2006年から2017年に掛けて12年間春・秋2回づつ合計24回開催するピアノ・リサイタル・シリーズ。 前回は、2007年秋・大阪いずみホ... 観劇レビュー&旅行記【2008/05/18 12:25】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 がちゃ子通信, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。