ADMIN TITLE LIST
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あの、えと。

年末に各地で行われる、ベートーヴェン第九のコンサート

この風習?って、日本だけの事なのね・・・

てっきり、世界各地が

第九旋風 なのかと思ってた・・・ _| ̄|○



それならば、第九以外で

年末、是非とも聴きたい曲を

独断と偏見で考えてみたのだけど

やっぱりコレかしら、私は。



チャイコフスキー/祝典序曲 「1812年」 


この曲は、1812年 ナポレオンのロシア遠征により

焼失してしまったモスクワ中央大寺院が

70年ぶりに再建された祭典 ・・・

のために書かれた、とのことですけど

とにかくお祝いムードだし(笑)

ズンズン響くサウンドが心地よいし

年末聴けば、冴えない今年の事はさっさと忘れて

来年こそ、一発やってやろうじゃないの

つまりは心機一転、気合も入ってしまう気がするのだ




チャイコフスキー 1812年/パロディver!

大砲役、やりたいの





ヴァルトビューネ1993 ロシアン・ナイト ヴァルトビューネ1993
ロシアン・ナイトDVD

小澤征爾/ベルリンフィル 
野外公演 (2004/06/10)
1812年/剣の舞/他
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


この映像・・・先日見ましたけど

聴衆&演奏者の一体感に、ズシリと感動





***余談***

みなさん、ご存知かしら

不思議顔のまこちゃんの事を・・・ギザカワユス!


まこという名の不思議顔の猫 ブログはこちら!

ハマってます ♡





今日も応援ポチをよろしゅうデス!
にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ: クラシック - ジャンル: 音楽





ふーむ、年末の話題をしてもおかしくない時期になったんですよねー。

チャイコの1812年は、最後に大砲バーン、って言うところとか派手だから年末の華やかイベントに向いているかもしれないですね♪
日本で第9を年末にやるのは、前に松平健主演の「バルトの楽園」という映画にもなったエピソードがあって以来って聞いたことがあるような。

不思議猫まこちゃんーーーー!かわいいいー!
特にフレーメン反応の顔!!!
和ませていただきました。ありがとうございます^^。
【2007/11/22 07:40】 URL | aki #-[ 編集]

第9を年末に演奏するのってN響がはじめたそうな。
今年は初めて聴きに行きます(^-^)。

1812年・・・ちゃんと聴いたことがあんまりないな。
コージー・パウエルのはよく聴いてましたけど(^^;。
【2007/11/22 09:10】 URL | 左党 #fYdA4Rtg[ 編集]

アハハ!!v-411
早速、まこちゃんを見に行ってきました☆
またたびを臭そうな顔して嗅いでいたのに
最後には舐めてるのが最高に可笑しかったv-354
 すごい癒されたので、これからも
見に行こうと思います~~v-433
【2007/11/22 18:26】 URL | こう #-[ 編集]

がちゃ子さんへ

私の心眼も白内障になったみたいで恥ずかしいです。酒もいけるタイプと思い居酒屋の片隅で音楽を語るシーンをイメージしたりして(大汗)裕福な家庭の娘さんと想い羨望していたわけです。ところで年末の(第九)は壱年の苦労、後悔、を吹き飛ばし明日への希望を
与えてくれる曲としてはこれ以上の曲はないのでは!詩人シラーの「歓喜に寄す」の思想と音楽を融合した人間愛、平和、理想を表現した交響曲の極致だと想う!神を感じます。チャイコフスキーノ「1812」序曲、「スラブ舞曲」も大好きな曲です。遠い地より一緒に聴いていることを想像して聞く今年は今までと違った正月になりそうです!知り合ってよかったと感謝します!では又。
【2007/11/22 21:42】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]

1812年!懐かしいです~スウィングルシンガーズですね。
これ学生時代に生で聴きましたが、傑作でした。
【2007/11/22 23:55】 URL | ピースうさぎ #mQop/nM.[ 編集]

以前高嶋ちさ子さんが司会のテレビ東京の番組でなぜ日本で第九が年末の行事になったか、という特集をやっていたのを思い出しました。第九は忠臣蔵と関係がある、などとちょっと強引にこじつけていて笑えたのですが、なるほどと思わせるところもありました。でも本当になぜなんでしょうね。
その番組でもほかに年末に相応しい曲は何か、ということが話題になって、確かゲストの斎藤晴彦さんがロッシーニの「ウィリアム・テル 序曲」を挙げていました。「1812年」と共通するものがありそうですね。
【2007/11/23 00:28】 URL | sergei #EkHfBCxw[ 編集]

>>akiさん

お正月もあっという間よぉーひえーv-29
まこちゃん、人面猫みたいでしょうv-283 
まこちゃんの生い立ちなども読むと感動致します^^


>>左党さん

そのエピソード、ウィキで知りました!
今年聴くのね^^実は私もv-433
左党さんって、ニル・バーナとかガンガン聞いてそうv-76


>>こうさん

そう、癒されるでしょうv-78
ペットブログは、いくつもウォッチしてる私です。
これまたどうぞ! http://weekly.yahoo.co.jp/38/nekonabe/p7.html


>>荒野鷹虎さん

スラブ舞曲、良いですね!
何かの番組で、チェコフィルの全曲演奏だったかを
見ましたが、思わず見入ってしまいましたv-55
PS・・・裕福とは真逆の環境な私でございます(^^;


>>ピースうさぎさん

ひえーこの方たち 「スウィングルシンガーズ」というんですね!
全く知りませんでした。生で聴かれたんですか!?
幅の広いうさぎさんに脱帽でございますv-398


>>sergeiさん

ウィキによりますと、昔々、N響団員のお餅代を稼ぐ為、演奏者が多い演目=観客も増える=利益倍増? という流れがあったとか・・・? どうなんだろう。。。
余談ですが、忠臣蔵・・・大スキですよーe-266 泉岳寺では、赤穂義士ゆかりのものをたくさん見てきました!
【2007/11/23 14:14】 URL | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]

  そういえば、昔は大みそかに第九を聴いた覚えが
あります。生じゃなくてラジオだったのですが。
  派手にバ~ン!と年明けもイイですね。景気良くて。
本当の景気も良くなって欲しいv-217
 猫ちゃん、可愛いです。前回のピアニストも良かったですが。鍋に入る猫ちゃんとか、ネットでは猫が大人気ですねv-238
 
【2007/11/23 21:00】 URL | 柚 #-[ 編集]

コーラス版(?)1812最高です。
爆笑な上に、すごい技術です!!
いや~、ここまで忠実に再現するなんて恐れ入りました。
私も大砲役やってみたい・・・かな(笑)
それにしても、いつもどこでこんなレアな映像を見つけてくるんですか~
またまた楽しい映像お待ちしておりますi-236
【2007/11/24 00:46】 URL | 海砂 #-[ 編集]

第九は以前、「マーラー編曲版」というのを生で聴いた事があります。サウンドが厚くなってて、面白かったですよ。
今年は久しぶりに、生で第九を聴けそうです。

You Tubeの1812年、“ブラボー!”ですv-15 私は、教会の鐘の音、やってみたいですv-80
しかし大砲の音、大砲の発射音というよりは、ミサイルか何かの着弾音みたいですねぇv-19
【2007/11/24 05:59】 URL | piatti-a2 #LvrJzaJY[ 編集]

 がちゃこさんへ

お早う!先日医師でありながら楽団のホルン
奏者の話にフインランドのシベリウスはやたらに五線譜を埋め尽くし、反対に音の少ない作曲家は近年人気のブルックナーだそうだ。どちらも奏者泣かせで難しいそうだ。前者は幻想的雰囲気を、後者は残響の余韻を紡ぎ出すそうだ。専門的で解らないが、今度聴いて確かめてみたいと想いました。先ずは朝の挨拶まで!
【2007/11/25 12:22】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]

がちゃ子さん、こんばんは~♪

年末に第九って、なんだか世の中の決まりごとになっていて、あまのじゃく的傾向のある私は反発して、生で聴いたことなかったのです。

ところがブログで知り合ったお友達(ヴァイオリニスト)がアマチュアオケに入っていて、定期演奏会に招待してくれました。
プログラムはワーグナーのリエンツィ序曲と第九!!
生まれて初めて生オケで第九を聴き、大感動!
なぜ年末に世の方々が第九を聴くのかわかるような気がしました(^^)v
ブログを通じてのお友達は、みなさんありがたいです♪
【2007/11/25 23:04】 URL | みぽぽ #-[ 編集]

みなさま、レスが遅くなり申し訳ありませんでした!


>>ゆずさん

そうそう、年末はやっぱり景気よくじゃないとv-91 
今年も「第九」の生中継、ありそうですね^^
きゃ~ 「ねこ鍋DVD」 持ってる私ですが何か? はっちゃんDVDまでも~v-283
きっと心が病んでるのね、常に癒しを求める私であります・・・v-13


>>海砂さん

面白いですよねー
ウケ狙いなのに、フツーに上手いのが凄いワケでv-10
youtubeはお笑い映像満載ですわよ~
時々お腹がよじれそうな、放送コードギリ映像を見つけたりもして(^^; 


>>piatti-a2 さん

マーラー編曲版・・・うぅどんな感じなんでしょう。
私も12月、第九のコンサート、行きますわよ~v-106
ふふ、例の方のコンサートですv-218
ガハ!鐘の方、ぞうさんみたいで^^


>>荒野鷹虎さん

ブルックナー様は、まだ聴いた事がないんですよね~v-12
胸キュンの旋律に弱い私ですが、ブルックナー様って、重々しいブラックホールのようなイメージを勝手にもっておりまして・・・(^^; 来年はブルックナー作品の生演奏にも出会えればいいなぁ~と思っております!


>>みぽぽさん

お~!ブログの出会いですね^^
ピア○○シさんのイベントにも参加されてるんですよね、素敵~v-10
えと! みぽぽさんに連絡がございますので、宜しかったら、左の 「Mail To がちゃ子」 からフリーアドレスで結構なので、連絡先を教えて頂けたら幸いです。(みぽぽさんへの連絡手段がないので・・・)
【2007/11/27 01:56】 URL | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]

「音楽の恋人がちゃ子さんへ」

ブルックナーはオルガン奏者で敬虔なカトリック信者であり、ブラームスの後を引き継ぎベートーヴェンの雄大さシューベルトの旋律の(キュン)で構成された静寂と荘厳の曲です。今の、人気回復は騒々しい世の中に逢い、心の平安を求めえいるのだと想います。マーラーと同じく自分自身の心が受け入れる心境が必要かもしれません。僕は寝ながら聴いて初めて好きになった次第です。是非一度視聴してみてください。がちゃ子さんの魅力の幅が必ず広がると確信します。
 誠意とユーモアの溢れる女性へv-266
【2007/11/27 13:11】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]

>>荒野鷹虎さん

貴重なお話を有難うございますv-435
なるほど~自分自身の受け入れ態勢ってポイントでしょうね^^
私も最近、かなりのヘタレ具合ですので、心の平安は大いに求めておりますよーv-282
まずは図書館で色々借りて聴いてみようと思います。
【2007/11/28 01:20】 URL | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 がちゃ子通信, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。