ADMIN TITLE LIST
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




小山実稚恵の世界/ピアノで綴るロマンの旅 

渋谷のオーチャードHまで出掛けてきました!

IMG_0001_9_koyama.jpg






ピアノで綴るロマンの旅 第5回

~プログラムの醍醐味・めぐる音~

■玉虫色:もつれあう鈍い光



ベルク/ソナタ
シューマン/ソナタ 第1番

*休憩*

フランク/前奏曲・コラールとフーガ
プロコフィエフ/ソナタ 第7番 「戦争ソナタ」


*アンコール*

プロコフィエフ/:プレリュード Op12-7
ラフマニノフ/プレリュード Op23-5
グラナドス/スペイン舞曲 第2番 「オリエンタル」


2008-6-21(土) オーチャードホール







今回の席は

小山さんの表情がバッチリわかる2階R側。

会場の演出としまして

照明がグッと落とされて(毎回であります)

ピアノの後ろには今回

あじさいが生けられていました。



小山さんは玉虫色?のドレス。

動くたびにグリーンだったりエンジ風だったり。

そして

今回のプログラム・・・

わたくし、白状しちゃいますけど

知ってる曲がほとんどなしお (滝汗)

追っかけ隊のくせに

予習をサボるとは何事だっ?

・・・結局、何もせず突撃(^^;

多分、このシリーズの中で一番渋いプロでしたが

会場は8-9割の入りでした




IMG_0001_5_koyama.jpg
毎回、その時の 「色」 のプログラムが配布されるのだ。





いきなりですけど

今回は・・・

私の心

まるごと

フランクに

持って行かれたのは

嘘みたいなホントの話。



まず冒頭のベルクから書いて行きたいのだけど

やっぱりフランク!

それは、後半1曲目に用意されてました。


フランク/前奏曲・コラールとフーガ


もう、あり得ない。

涙モノの旋律の嵐に胸がギュっとなっちゃって

いや、この精神世界というか

何もかも素晴らしいの一言。

小山さんの、

深い所に訴えてくるスケールのピアノで

あの瞬間にあの場所で

この曲を聴けたのが奇跡のよう。

いや、この大興奮は

私がグリモーのピアノで

ブラームス/Op118-2を初めて聴いた瞬間と似てる。

あぁーきっと

この曲はこれから先

私の中で手放せないものになると思います。

この曲を圧倒的なピアノで奏でてくれた小山さん

本当にありがとうございました 

そして、この曲が静かに終わり

会場からは、ブラボーと大喝采。

そうでしょうよーっ。当然だもん。

私も心の中で

ひたすら小山さんに

涙ながらのブラボー叫んでました




次回チケの購入者には嬉しいプレゼントが^^
IMG_0001_7_koyama.jpg



帰宅してから

「前奏曲・コラールとフーガ」 を

密林で検索しまくったのは言うまでもない(^^;

小山さんの録音CDは残念ながら出てないので

どなたか

同曲のオススメCDがあれば

教えて下さいませね m(_ _)m




アンコールのラスト 「グラナドス」 も

わたくしにドドンと命中して

本当はまだまだ書き足りないのだけど

フランクのインパクトがジャマをする(爆)





    





お帰りクリック、お忘れなくって!
にほんブログ村 クラシックブログへ



無料blog





テーマ: クラシック - ジャンル: 音楽





フランクの前奏曲・コラールとフーガは名曲ですね。波立つような旋律ときらびやかなピアノの調べが印象的なマレイ・ペライア盤
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B00005G89U/249-6995288-6879511?SubscriptionId=1QA4DX5K7DN5J9PNJC82
を当方はよく聴いています。
チッコリーニもそれ以上の名盤らしいですね。

小山さんのフランクも大変すばらしかったんですね。がちゃ子さんや観衆の大喝采が聞こえてきそうなレポート、ありがとうございました。
【2008/06/22 11:03】 URL | もうやだ #-[ 編集]

私もフランクのメロディーが大好きでございます~。それにしても何と趣味の良いプログラムなんでしょうね~。しかも締めにグラナドスがーv-10
玉虫色のドレスが着こなせる女性は少ないと思います。さすが小山様!!!
【2008/06/22 18:53】 URL | aki #-[ 編集]

>>もうやださん

ペライア盤のご紹介、有難うございました!
早速図書館で探さなきゃ^^
いや~何度も言うようですが、ドキドキしっぱなしでした。


>>akiさん

この前akiさん、小山さんのスペインものを聴いてるって仰ってましたもんね!今回のプログラム・・・かなりの激渋度かも!
【2008/06/22 22:06】 URL | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]

私が福岡で5月14日に聴いた「めぐる音」(玉虫色)
が東京で開催されたのですね。
アンコールは少し違うようでしたが、メインは当然ながら同じ。

シリーズは東京を皮切りに行われるものとばかり思っていましたが、そういう訳でもないんですね。

堪能されてようで、よかったですね。

心の底からの「ブラボー!」は、心の中では無く、声に出して言いましょう!
【2008/06/22 22:24】 URL | JUNSKY #96q68/9Y[ 編集]

こんばんは。
がちゃ子さんは、フランクに心を奪われたんですね。
私は戦争ソナタの方でしたが。
渋いプログラムでしたが、思いがけずすごく感動しました。

アンコールのグラナドスは、こちらでは最初でしたが、東京では最後だったんですね。
この曲も心に沁みました。やわらかなトリルが忘れられない・・。
いつか自分でも弾いてみたいです。
【2008/06/22 22:51】 URL | MintPearl #VkJT2l8w[ 編集]

>>JUNSKYさん

TB、有難うございました。
東京の前はたしか仙台?だったので、順番は特にないのかもですね!えーー(@@) ブラボーは恥ずかしくて言えないです。いや多分、緊張して声が裏返っちゃう(^^;


>>パールさん

いや~戦争ソナタも当然、小山さんにプロコさんが乗り移っちゃったんじゃ?という具合で、猛烈に圧倒されたんですが、フランクーーー(笑)  アンコールの順番違ってましたか~。後でパールさんのトコで確認しよっと。
【2008/06/22 23:11】 URL | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]

ほんと、ステキなコンサートでした。
普段は、ロックやヘビメタなどのコンサートに
行っているので、何度も心の中で
「ウォー!」とか「イエー!」とか言ってしまいました。
(特に、プロコフィエフさんの曲の打楽器的な
ところとか、フランクさんの曲の
左手が忙しいところなどで。)

正しくは「ブラボー」なんですねw

【2008/06/23 06:55】 URL | のんさん #-[ 編集]

 ホント、実は私も予習ナシで行かせていただきました(~_~;)ベルグだけはCDに入っているので知ってましたけど・・・
私はシューマンにやられてしまいました(T_T)
フランクを聴いて、秋葉原で亡くなった芸大の子をなぜか思ってしまったのです。小山様の後輩だし、ってことで・・・
 アンコールですが、仙台でもオーチャードと同じ順番でしたよ~!
とにかくこれは聴かないと後悔しちゃうぞ~と思ったリサイタルでありました(#^.^#)
【2008/06/23 08:03】 URL | 柚 #-[ 編集]

私もお初のフランクにやられました!
わかりやすく、深く、なんて大きな世界なのでしょう・・・
これ、3階で聴きたかったなぁ。しばらくこの曲は聴けそうにありません。

ところで、私も2階Rでした。ふふ、きっとお近くだったのね。
そばでよだれたらしていたのが、わしじゃよ。
【2008/06/23 11:41】 URL | のりりん5700 #YLCoAyKY[ 編集]

こんばんは!
いやあ、なにが「地味なプログラム」よねぇ!
実稚恵さんが弾くと本当にどの曲もキラキラ輝いて、凄い!!!

ちなみにフランクですが。。。
家の夫はこの曲を自分のお葬式で流して欲しい、と言っています。(自分が流すまでは他の誰にも流して欲しくない、とわがままを言います<苦笑)
実稚恵さんにもこの話はしたのだそうで、実稚恵さんからは「随分盛り上げるのですねぇ」と言われたとか。
実稚恵さんがCDにしてくれたらよいのだけれど、一番よいのは生の演奏なので、でも予定がたたないからスケジュールを空けておいてくださいと言えない、と言って、実稚恵さんから大笑いされたんだとか・・・

戦争ソナタ、私は鳥肌が立ちました・・・
今回は玉虫色の洋服を探して、ようやく見つけて着て行きました。
こういう楽しみもこの演奏会にはありますね♪
【2008/06/23 21:14】 URL | nefertiti #fBcXOTgs[ 編集]

>>のんさん

初めまして!
ヘヴィですか!!カッコイイっすねー!
女性に向かっては 「ブラーヴァ!」 と言うらしいですけど、私も良く分りませんデス(^^;; また同じコンサートの時はTBしちゃって下さいね!


>>柚さん

いや~仰るとおり、毎回胸一杯にさせて頂きまして、有難うございます!と小山様に伝えたいデス(爆) 先は長いですが、もう最後までお供する気でマンマン。柚さんもそうでらっしゃいますよねーー!!


>>のりりんさん

師匠~~っ!!もしや~~!?
いやあの・・・タイミング良い時にご挨拶させて下さいデス・・・。そう、しばらく絶対聴けませんよね。あー本当に行って良かったデス^^


>>nefertiti さん

プププっ!ご主人様ったら~~キュートです!
お葬式に果たして合うのか・・・(笑)
戦争ソナタもカッコ良かったですよね。男前だなぁ~としみじみ感じておりました!
【2008/06/24 00:58】 URL | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]

いやぁ、盛りだくさんのプログラムでしたね!
プロコの7番は圧倒的だったでしょう。しかしこれだけのプログラムを弾きこなせるのは世界広しといえどもなかなかいないと思いますよ。

フランク・・・
家にありそうなのをあれこれ考えてみましたが、キーシンのぐらいしか思い浮かばなかった・・・
というわけで、お薦めはキーシン!(頼りないな・・・)ペライアのやつは買おうと思っていて買ってなかったです。今度手に入れます・・・。
【2008/06/24 23:17】 URL | minamina #-[ 編集]

>>minaminaさん

え、キーシンのも出てるんですかー!?
それはかなり興味深々であります。
7番の3楽章なんて、思わず仰け反りながら聴いてしまいました。だってある意味、小山さんが怖い位だったんだもん(ボキャ貧、恐縮です)
【2008/06/25 00:12】 URL | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]

















管理者にだけ表示を許可する



曇り空、高い湿度・・・そんなモヤモヤとしたお天気の中、オーチャードホールへ実稚恵さんの演奏会を聴きに行ってきました。 2006年から始まった「小山実稚恵の世界 ピアノで綴るロマンの旅」 今日はその第5回目・・・ この演奏会は毎回テー 荻の里から【2008/06/23 21:15】
今日は、渋谷のBunkamuraオーチャードホールに 小山実稚恵さんのピアノのリサイタルに行ってきました。 このリサイタルは、12年をかけて(!)のシリーズものになっていて、 私が行った今回のテーマは、玉虫色:もつれあう鈍い光。 おりしも、「テンション... つれづれBBS写真入り【2008/06/23 06:45】
小山実稚恵さんが2006年から2017年に掛けて12年間春・秋2回づつ合計24回開催するピアノ・リサイタル・シリーズ。 「めぐる音・プログラムの醍醐... 観劇レビュー&旅行記【2008/06/22 22:15】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 がちゃ子通信, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。